日本茶専門店松田園 粉末茶

粉末茶(粉末緑茶)・お茶・業務用の日本茶通販なら日本茶専門店松田園へ

 
松田園  まごころ銘茶
業者様向け無料サンプル請求
粉末緑茶 粉末茶

日本茶|お茶 通販 日本茶
極上・特上煎茶
玉露
深蒸し茶・深蒸し煎茶
上煎茶 | お茶 日本茶 通販
煎茶|お茶 通販 日本茶
かぶせ茶
くき茶
ほうじ茶
抹茶入 玄米茶
粉茶
番茶
粉末茶 粉末緑茶
抹茶 宇治 京都
ティーバッグ ティーパック
業務用 粉末 インスタント 茶
お茶 ギフト お中元 お歳暮
お茶 日本茶 ギフト
海苔 ギフト
お茶 日本茶 詰合せ
内祝 お祝 ギフト
仏事 ギフト 贈り物
その他 日本茶 松田園
海苔
菓子 抹茶 大福
つくだに 南高梅
茶器 お茶 日本茶

日本茶専門店松田園 お茶ナビ

トップページ»  日本茶の種類

日本茶の種類

 
日本茶の種類・煎茶の種類・煎茶の種類・日本茶専門店・松田園・日本茶・煎茶・抹茶・玉露
煎茶の種類・煎茶の種類・日本茶専門店・松田園・日本茶・煎茶・抹茶・玉露お茶は発酵度合により3つに大別されます。日本茶緑茶)、ウーロン茶、紅茶はもともと同じ茶の木(品種は異なる)からとれるのです。日本茶緑茶)は最初に蒸気で蒸すことで、発酵を止め、緑色を保ち、ビタミン類などを多く含みます。烏龍茶、紅茶は茶葉を発酵させるため、香りや味が強く残ります。また緑茶の中では発酵を止めるための方法で分類され、古来の中国式(釜炒り)か、日本式の蒸し製の2つになり、一般的に“日本茶”とは蒸し製でつくられたお茶のことをいいます。
煎茶の種類・煎茶の種類・日本茶専門店・松田園・日本茶・煎茶・抹茶・玉露
     
煎茶
  煎茶(普通蒸し煎茶)
  深蒸し煎茶
   
蒸し製
(日本式)
玉露 ぎょくろ
 
   
碾茶 てんちゃ
抹茶
   
かぶせ茶
 
 
緑茶
日本茶
 
玉緑茶 
(蒸し製玉緑茶)
 
     
番茶
 
   
製造過程で
選別した茶
  くき茶
  芽茶
  粉茶
         
     
再加工茶
(煎茶・番茶を
加工したもの)
  ほうじ茶
[強火で焙煎したお茶]
  玄米茶
[炒った米(玄米とブレンド)]
  粉末茶
[細かく微粉末にしたお茶]
   
釜炒り製
(中国式)
玉緑茶
(釜炒り製玉緑茶)
 
 
半発酵茶
(烏龍茶)
烏龍茶
   
 
発酵茶(紅茶)
紅茶
   
煎茶の種類・煎茶の種類・日本茶専門店・松田園・日本茶・煎茶・抹茶・玉露
煎茶は日本のお茶の生産量の約75%つくられています。普通“お茶”と言えば煎茶のこと。
玉露は茶畑に覆いをして、日光を遮り、お茶の葉の養分を増やしてつくる高級茶。
いれ方も煎茶はと異なります。かぶせ茶煎茶の摘まれる7日~10日前に玉露のように覆いをし、品質を高めたお茶で、いれ方は煎茶に準じます。
番茶 お茶は春から秋にかけて1年に4回摘むことができ、1番茶、2番茶、3番茶、4番茶となり、時期が遅くなるにつれ、葉が硬くなり、品質・価格的に低下します。2番茶以後の下級茶を称して番茶といいます。
玉緑茶は煎茶とは製造工程の違いで、形を整えず乾燥させるお茶。
九州地方や伊豆方面(ぐり茶)としてつくられています。
▲ページトップへ
煎茶の種類・煎茶の種類・日本茶専門店・松田園・日本茶・煎茶・抹茶・玉露
煎茶”といっても、たくさんの種類があります。形状(見た目)や水色(お茶でいれた時の色)も違い、そのお茶に適したいれ方が必要です。お茶を見た時にどのようにいれたらおいしく飲めるのか、おおよそでも判断できるように煎茶の特徴を覚えましょう。
煎茶は産地や品種により、製造方法が異なり、大まかに分けて3つに分けられます。
これは最初の製造工程の“蒸し”の時間の差によるものです。標準な時間で蒸したものを“普通蒸し(中蒸し)”、長い時間蒸したものを“深蒸し”、普通蒸しより時間の短いものを“浅蒸し”といいます。その後製茶されたものは下記のように、お茶の形状・水色・味も違います。
蒸し時間が長いと、蒸し葉は軟弱で黄色みが強くなり、香気は青臭や新鮮香が薄れますが、味が濃厚になります。
短い 蒸し時間 長い
浅蒸し 普通蒸し 中蒸し 深蒸し
煎茶の種類・日本茶専門店・松田園・日本茶・煎茶・抹茶・玉露
針のようによく撚れたものが多い。荒めで細かい部分が少ない。葉の色は濃緑色。
煎茶の種類・煎茶の種類・日本茶専門店・松田園・日本茶・煎茶・抹茶・玉露
よく撚れたものと多少くずれた葉が混在。浅蒸しより柔らかく、葉の色は明るい緑色。
煎茶の種類・煎茶の種類・日本茶専門店・松田園・日本茶・煎茶・抹茶・玉露
よく撚れたものと多少くずれた葉が混在。蒸しが強いほど、葉の色は黄色みがかり、細かくなる。
煎茶の種類
黄金色(透明度がある)
香り高い(新鮮な青味)
渋味・旨味
60℃~70℃ 90秒
煎茶の種類
水色
香り

温度と時間
煎茶の種類
深緑色(濃色)
薄い(含み香)
濃・甘味
70℃~85℃ 30秒
 
浅蒸し 中蒸し 深蒸し とは・・・
   
お茶ができる過程で、一番はじめに行う工程が ”蒸し”。
摘まれたばかりの葉を、強い蒸気で蒸すことによって、茶の葉の中の発酵酵素の働きを完全になくします。
要は蒸すことで、発酵を止めるのです。ですからお茶の葉は緑色を保ててるのです。(烏龍茶は半発酵、紅茶は完全発酵なので、葉の色が茶色(褐色)
この蒸気の蒸し時間の差で、できるお茶の形状が変わります。

浅蒸しは時間が短く、出来上がりの形状が、硬くしっかりした針のようなお茶ができます。このようなタイプを浅蒸し茶(伸び茶)といいます。
また、より時間が長く強い蒸気をあてたのが深蒸しで、柔らかい葉が粉々になり、出来上がりの形状が細かい深蒸し茶になります。
   
これは、お茶の産地や場所の違いで、そのお茶に適した蒸しをしています。
標高が高く、日照時間が短い産地のお茶は、ゆっくりと成長し、栄養を蓄え、しっかりとした芽ができます。このような山のお茶は浅蒸し製法でつくられ、一方日が燦々と降りそそぐ、平地や台地のお茶は、成長が早く、葉肉が厚い葉ができます。これらは、深蒸しで細かくすることで、お茶の栄養分・旨味が早く溶け出る深蒸し茶につくられます。

浅蒸し茶深蒸し茶の中間の時間で蒸し、つくられるお茶を中蒸し茶・普通蒸し茶といい、これもお茶によりますが、双方の特長を生かしたお茶と言えます。
  
日本茶専門店・松田園・日本茶・煎茶・抹茶・玉露 お茶の葉(形状)を見てどのようにいれたら、一番おいしくいれられるか判断できるようになると、お茶の楽しみ方がぐっと広がりますよ!
※あくまでもおおよその特徴ですので、これを目安にいれ方を工夫してみましょう。
ではさっそくいろいろなお茶を試してみたいという方はこちらへ
3種類のお好みのお茶を選べます。 お試しセット
▲ページトップへ
日本茶専門店・松田園・日本茶・煎茶・抹茶・玉露 粉茶と違い
抹茶と粉茶と粉末茶・給茶機専用茶の違い抹茶は高級茶である玉露と同じお茶を原料とし、乾燥させたもの(碾茶)を臼で挽いてできたお茶。茶の湯(茶道)で使われ、通常茶筅でたてて飲む。含まれる栄養価はピカイチ。

粉茶煎茶を仕上げる際、篩(ふるい)にかけて形状を整える過程で、目の細かい篩で落とされた一番細かい粉状のお茶。香りが強くなく、味が淡白なため、たくさん飲めるためよくお寿司屋さんで使われるお茶。
粉末茶と違い通常の煎茶と同様に茶殻がでる
通常のティーバッグの中身は浸出しやすいこの粉茶
が使われています。

粉末茶とは、一般的に下記の2種類のお茶のことをいいます。
粉砕茶(粉末煎茶)は要約すれば、煎茶をミルサーで細かく粉末状に粉砕したもの。
水にも溶けやすく(完全には溶けません)茶殻が出ず、通常茶殻に残る成分も丸ごと
摂れてるが、微粉末のため香りが損ないやすい。またインスタント茶に比べ価格は安い。

給茶機用煎茶給茶機専用茶またはインスタント茶・パウダー茶)は、粉砕茶と違い、
冷水でも溶けやすいように、一度抽出したお茶をスプレードライ方法、またはフリーズドライ
方法で顆粒・粉末化したもの。インスタントコーヒーのように、一度液体にしたものを再度固
形化したお茶です。粉末茶はお茶の粉が沈殿しますが、給茶機専用茶はより早く完全に溶
けるのが特長です。
▲ページトップへ