トップページ»  粉末茶(粉末緑茶)、粉茶、インスタント茶、抹茶の違い

粉末茶、粉茶、インスタント 
茶、抹茶の違い

「『粉末茶』、『粉茶』、『抹茶』って  
よく聞くけど、価格も違うし、どう違うの?」

ここ十数年でニーズにより、いろいろなタイプのお茶ができ、正式な名称がなく、混乱する方も多いと思います。ご用途や価格帯で使い分ける必要があります。
「インスタント茶を買うつもりが、粉末茶を買ってしまった」、「以前にもらった粉茶と全然味が違う」とか・・それぞれ品質・味のランクもありますので、ご用途やお好みにあったお茶を見つけてください。
 

粉末茶・粉砕茶(=粉末緑茶・粉末煎茶)とは

お茶の葉(リーフ)をそのまま微粉末に粉砕したもの。簡単に言えば特殊なミルサーで粉砕したお茶(粉砕茶)。微粉末なので、水でもほぼ溶けますが、茶葉に含まれる食物繊維などが残り完全には溶けません。(インスタント茶との違いは不溶解成分が沈殿します)お茶の粉が漂っている(浮遊している)間に飲むようなもので、お茶の粉ごと飲むイメージ。お茶の栄養分が丸ごと摂取で き保存のため の添加物はなし。ただし、香りがなくなりやすく、 時間の経過ともに色も退色してきます。品質によるが、生産コスト面では一番安い。

インスタント茶パウダー茶)とは

粉末茶(粉砕茶)と違い、冷水でも溶けやすいように、一度抽出したお茶をスプレードライ製法で顆粒・粉末化したタイプのもの。インスタントコーヒーのように、一度液体にしたものを再度固形化したお茶です。粉末茶はお茶の粉が沈殿しますが、インスタント茶はより早く完全に溶け、水でも溶けるのが特長です。お茶以外に保存料・固形にするためのデンプン原料(主にデキストリンなど)が含まれ、長期保存が可能で賞味期限も長いが、粉末茶 (粉砕茶)に比べ、少しコストは高くなります。給茶機に使うお茶は主にインスタント茶※デキストリンはでんぷん質で食物です。

粉茶とは

一般的に、”粉茶”と言えば、茶殻の残るお茶のこと。リーフ(茶葉)の種類で煎茶や番茶などの葉の荒い部分から、篩(ふるい)をかけ、一番細かい粉の部分だけを集めたお茶。昔から寿司屋で使うお茶で、細かい網目の茶こしや急須で淹れます。ですから、茶葉と同様に、茶殻が残ります。粉茶は、ティーバッグの中身にも使われます。

抹茶とは

栽培方法から他のお茶(煎茶)とは異なり、通常の露地もの(屋根のない)の茶畑でなく、わらやナイロンで遮光し、お茶の木全体を、25日から30日ほど日光をさえぎった茶葉の新芽だけを摘んで加工したお茶が玉露になります。遮光すると、うま味成分であるアミノ酸が、多く含まれるようになり、緑が濃く、特有の香味と甘味がでます。さらに玉露より長い期間、お茶の木全体の日光をさえぎった茶葉を、蒸した後に、揉まずに、葉の形のまま一枚ずつ乾燥させて、それを石臼で挽いて粉末にしたものが抹茶です。
ですから、玉露や抹茶は通常お茶より栽培、製茶にも時間や手間がかかり、高級で、通常の煎茶より栄養価の高いお茶になります。茶の湯、御点前で点てるお茶が抹茶です。抹茶は本来、高級なお茶で、安価な通常の煎茶や番茶をミルサーで粉末化した粉末緑茶粉末茶)とは、原料~栽培・製茶など品質・価格が全く違うものです。


どのタイプがいいのかご不明な場合には、お使いのご用途やお好みにあわせてご提案いたしますので、お気軽にお問合せください。